2008年03月03日

手漉き紙と絹のコサージュ

去年の秋に友人から注文されたコサージュ。
素材や形をあれこれ模索しつつ試作している過程で
手染めの和紙で造られた簪を見つけ
布では出せない柔らかさや色合いに惹かれて
紙を素材として制作してみることにしました。

今回は着物と合わせる予定だけれど
洋服ともコーディネイトできるものがいいとの希望だったので
でこぼこの繊維の風合いが可愛いココアブラウンの手漉き紙に
控えめな光沢のある黒の綸子を張り込んで
紙の質感を生かしつつ、椿の花の形に仕上げました。
黒いしっとりした花びらの間から裏の濃茶がちらりと見えて
モダンでシックな仕上がりです。


R0014000.JPG R0013997.JPG R0013995.JPG
posted by N.Ayano at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88026950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。