2012年09月18日

Tシャツリメイクのトートバッグ

9月も半ばを過ぎると、目に見えて日照時間が短くなり
朝晩には吐く息が白くなることもある今日この頃です。
少しずつ夏物を片付け、秋冬物を引っ張りだしてくると
子ども達がつい数ヶ月前まで着ていたはずの服が
寸足らずになっていたり、きつくなっていたり。
季節の変わり目は、文字通り子ども達が一回りも二回りも大きくなったことを実感します。

長男が着ていたものは次男へ。
次男にも小さくなってしまった服の大半は手放します。
まだ着られるものは友人や親戚の子どもにバトンタッチ。
もう引退だな…と思えるほど着古したものとは感謝を込めてお別れ。
そして、シミや痛みがひどくてもう着られないけれど
色柄が気に入っていたもの、愛着のあったもの、思い出の強いもの、
ダメージ部分以外の生地はまだ良い状態を保っているもの…などなどは
別の形で手元に置いておけるようにリメイクします。

この秋はたまたま「リメイク待ち」の服や小物がたくさん集まったので
パッチワークにして大きなトートバッグに仕立ててみました。

RIMG0860.JPG

中には薄くキルト芯を入れて、ふっくら丈夫に。

RIMG0861.JPG

途中で長男が、ぼくにも欲しい、とやってきたので、

RIMG0864.JPG

ちびバッグも追加で作りました。
余っていたピースも、これでちょうど全部使い切れました。

RIMG0865.JPG

こちらは綿なしのぺったんこバッグ。
中綿も、裏地も、持ち手も、まるでこのために探したようにぴったりのものが
手持ちのハギレの中にたまたまあって、それがとても嬉しかったです。
ミシン糸もほんのちょっぴり余っていた糸を何巻か組み合わせて使いました。

RIMG0867.JPG

秋が深まると、こっくりした色合いの革のバッグについ目が行きますが
子どもと公園に行ったり、買い物したりするときに重宝するのは
私の場合、やっぱり汚れてもざぶざぶ洗える丈夫なコットンのバッグ。



数年前に樹木希林さんがキモノ雑誌のインタビューに答えて
「今は(キモノを)整理していくとき」と仰っておられました。

「集めたり、集まってきたものを少しずつ、裏打ちしたり…ツギハギしたりなんかして。
(中略)
そうやって一回着て、その着物が嬉しがって、喜んでくれればそれでいいと。
そういうふうに一つずつ終わらせていく、納めていくわけです。今はそういう生活です」
(KIMONO姫 6 キモノ春夏秋冬編より)


樹木さんのように歳を重ねてこられた方と自分を並べるのもおこがましいですが、
着物をリメイクする、古くなった衣類をリメイクするという仕事を始めてから
この「終わらせていく、納めていく」という言葉が常に心の中心にあります。
もちろん、まっさらな材料を買い揃えてものを作ることもしますし
それも心底大好きな仕事なのですが
すでにあるものを生かして別のものに変える仕事、
そうすることで一つのものを終わらせる仕事、納める仕事というのが
私にはどうも性に合っているみたいです。

買ったり、もらったりして、モノを手に入れるのは簡単です。
手に入れたモノを、単なるタンスの肥やしにしてしまうのもそう面倒なことではない。
捨てるのも、少しの勇気や手間があれば簡単かもしれない。

けれど、モノを作るには労力が必要です。人の手の力が必要です。
誰かが、それを受け取って使う誰かのことを考えて手をかけたもの。
私には、そこにはやはり命と呼ぶべきものが宿っているように見えます。

縁あって出会った人と、なるべくきちんとご挨拶をして別れるように
古い服たちとも、しかるべき終わり方、お付き合いの納め方があるように思うのです。

posted by N.Ayano at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

リスのバッグ

最近制作したリメイクものをもう1点ご紹介します。

RIMG1000.JPG

こちらがリメイク前の状態。
依頼主さまが子どもの頃に、お母さまが作られたバッグ。
丁寧に一針一針刺繍がほどこされ、愛情のたっぷり詰まった作品ですが
生地に汚れや日焼けがあり、お洗濯ではどうしても綺麗にならなかったとのこと。

RIMG1063.JPG

依頼主さまのお嬢さまのために、キュートなショルダーバッグに生まれ変わらせました。

RIMG1065.JPG

ピンクの花柄の生地は依頼主さまのセレクト。
ビビッドなピンクが活発なお子さんにぴったりです。
元のバッグから刺繍の部分を切りとり、
額縁のようにはめこんでバッグのふた部分にしました。

RIMG1068.JPG

バッグの口を止めるスナップと、ミニポケットがついています。
ひとつのバッグを、お母さまから依頼主さま、
そしてお嬢さまへと橋渡しすることができて、とても楽しい仕事になりました。
いつかお嬢さまが大きくなったときに、心に残る思い出のバッグになれば嬉しいです。


posted by N.Ayano at 14:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

フェダークライド ある晴れた日に

RIMG1182.JPG

久しぶりの更新です。
クラシック歌手の友人から艶やかな振袖を預かり、舞台用のドレスに仕立てました。

RIMG0827.JPG RIMG0831.JPG

真っ赤な牡丹とふんだんに使われた金箔に目を奪われる、華やかな振袖ですが
肩など何箇所か目立つ場所にシミがあり、着物として着る予定はもうないとのこと。
それ以外は生地の状態はとてもよく、日焼けや色あせも全くないとても綺麗な着物です。
大人寸法で仕立てた振袖を七五三用に短く裾上げしてあったので、
縫いこまれていた部分をほどいていくと、ロングドレス1着分には充分すぎるほどの分量になりました。

RIMG1187.JPG

カシス色のレース生地に、細く着物地を衿・袖口にあしらったケープをセットで制作しました。

RIMG1183.JPG RIMG1188.JPG

胴裏も真っ白でとてもコンディションがよく、
特に裾回しの鮮やかなオレンジ色のぼかしがとても美しかったので
これを生かさない手はない、と衿ぐり、ドレス裾からオレンジ色が見えるようにしました。
紫と赤と金とオレンジ、洋服ならなんとも強烈な色合わせになってしまうところですが
華やかかつ上品にまとまるのが日本の色あわせの妙味だな、と思いました。
裾は着物の前合わせのように左右のスカートを重ねてあります。



来週、友人がこのドレスを着て「マダム・バタフライ」を歌います。
お近くの方はぜひ足をお運びください!

Konzertabend "Ode an die Liebe"  Oratorien,Lieder,Opernarien

Kanae Matsumoto, Sopran
Nanotsu Miyaji, Klavier
Haruka Kotato, Floete

Werke von:
O. Nicolai,Die lustigen Weiber von Windsor
G.Verdi, La Traviata
G.Puccini, Madama Butterfly
G.Bizet, Carmen

u.a.

Eintritt:
Abendkasse 12 Euro
Vorkasse 10 Euro
Ermaessigt 9 Euro

Kontakt:
Manuel Matsumoto
info@kanae-matsumoto.com
posted by N.Ayano at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

新しいオンラインショップ、準備中です。

これまで作品のご紹介・販売と、制作活動のお知らせの場としてご覧頂いていたこのブログですが、より見やすく、お買い物を楽しんでいただけるようなオンラインショップのオープンを目指して、ただいま準備を進めています。詳細は未定ですが、今年の夏頃にはオンラインショップと新しいブログを仮オープンさせ、旧ブログのオンラインショップコーナーから少しずつ商品を移行していこうと思っています。また、新装開店に合わせた新作もアップ予定です。
これまでよりぐっとお買い物しやすいスタイルのお店になりますので、どうぞお楽しみに!

なお、このブログも全ての商品の移行が終了するまでは継続して更新していきます。新しいお店のオープンまでは、これまで通りお買い物をお楽しみいただけますので、引き続き当ブログをよろしくお願い致します。

RIMG0843.JPG

写真は夏に向けた試作品のカゴトートバッグ。
真四角のカゴを底部分に使用したので、コンパクトな見た目の割りになかなかの収納力。財布、デジタルカメラ、文庫本、手帳、500mlのドリンクボトルと化粧ポーチ、さらにくるっと丸めたエコバッグを入れてもまだ余裕があります。カッチリしたカゴをベースにしているので、持ち運びのときに中身がきちんと収めた場所どおりに収まっていてくれて、ごちゃごちゃになりにくいのも利点です。

RIMG0844.JPG RIMG0846.JPG

コーディネートしたのはリボンのネックレスのトップ部分と海辺へ行くピアスです。リボンのネックレスはトップ部分にブローチピンがついているので、チェーンを外すとこんなふうにお好きなところに留めて使えるんですよ。纏屋の自信作です。どちらもまだ在庫がございますので、初夏に向けてのコーディネートに一味加えたい方はこの機会に是非お買い求めください。
posted by N.Ayano at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

紅い雪のペンダント

RIMG0123.JPG

テクノ手芸部の吉田さんから頂いたキットをを使って
この時期にふさわしいペンダントヘッドを作りました。
キットの中身はボタン式電池、電導糸、LED。

RIMG0131.JPG RIMG0133.JPG

紅いフェルトに白で雪の結晶をステッチ。
丸く綿を詰めて、2つ合わせてマカロンのような形にして
間にボタン電池を挟みました。
電池との接触部はフェルトにちくちくと電導糸の刺繍を。
柔らかくて繊細な糸の束に電気が通る、縫ったところが回路になる。
この感覚、とても新鮮で楽しい体験でした。

RIMG0138.JPG

チカチカと胸元で揺れる紅い光。

RIMG0121.JPG

今年も纏屋をご贔屓いただき、本当にありがとうございました。
来年も精一杯励みたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

皆様に素敵なクリスマスとピカピカの新年が訪れますように!
posted by N.Ayano at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

フェダークライド【ゆきのはな】

RIMG0056.JPG RIMG0053.JPG RIMG0052.JPG

着物をリメイクしたドレスの第2弾は留袖を使ったシックなドレス。
家紋を両肩に配し、裾模様もなるべく切らずにドレスの裾に活かすことで
華やかな留袖の雰囲気をそのまま受け継いだドレスが出来上がりました。

RIMG0047.JPG

繊細なぼかしと厚みのある刺繍。
パールのアクセサリと合わせたフォーマルな着こなしはもちろん
遊び心のあるストールやブーツでドレスダウンするのもおすすめです。
posted by N.Ayano at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

蝶のヘッドドレス、そしてベイビーに

お久しぶりです!纏屋です。
来月で子どももあっという間の1歳になり
母親一年生の私にも、少しずつ大きな作品を手がけられる余裕が出てきました。
今年は着物地を使った春夏物のドレスを制作してゆく予定です。
出来上がり次第順次アップしてゆきますので、どうかご期待ください。



今日は昨年のちょうど今頃の季節に制作したヘッドドレスをご紹介します。

高校時代からの大切な友人が昨春に結婚式を挙げました。
残念ながら式には出席できませんでしたが
ウエディングドレスに合わせる髪飾りを作ってほしいとのオーダーを受けて
制作したのがこちらのヘッドドレス。

R0014412.JPG DSC00243.JPG
(撮影の都合上、マネキンの胸元に留めてあります)

大輪の花柄が織り込まれたアンティークのレースの上に
手漉き紙で作った柔らかなシャンパンベージュのバラと、レースの羽を拡げた蝶を飾りました。
蝶の羽にはクリスタルビーズを刺繍してあります。

高校のときに彼女のために色とりどりの蝶のイラストを描いたことがありました。
彼女はその絵をとても気に入ってくれて、今でも大切に持ってくれていること。
私たちにとって、蝶は大切な思い出のモチーフなのです。
いつも優しく、穏やかで、それでいて周囲に流されない強さも持っていた彼女。
ヘッドドレスと合わせたいといって見せてくれたウエディングドレスは
淡く輝く花畑のように一面白い花で飾られていました。
友人の大切な門出の日に、光に舞う蝶のアクセサリを届けることができて、本当に嬉しく思います。



そして、式の日に彼女のお腹にいた小さな男の子は
秋の終わりに無事この世界にやってきました。
ママそっくりのかわいいかわいいベイビーには
小春日和をイメージしたあたたかな日差しの色のスタイを。
水をくぐらせて柔らかくしたキッチンクロスを使ったので
吸水性がよく毛羽立ちの少ない、やさしい肌触りです。

RIMG0093.JPG RIMG0092.JPG
posted by N.Ayano at 17:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

近況‐主にベビーグッズなど

みなさま、大変ご無沙汰しております。
出産前には想像もつかなかった育児生活に突入して
早いものでもう半年になりました。
子と笑い、子と泣き、子に振り回されてくたくたになりながらも
それはとても面白く、何もかもが新鮮な毎日で
大人だけで暮らしていたときとは
まるで違う時間の流れを感じています。

R0014369.JPG R0014355.JPG DSC00519.JPG 

妊娠中から最近にかけて
作っていたのは主に子どものものばかり。
キャラメル色のダブルガーゼとワッフル地で作ったおくるみには
まだふにゃふにゃと頼りなかった子を包んで退院しました。
手ぬぐい地を使った和風のスタイは
吸水性も肌触りも良く、洗濯してもすぐ乾くので重宝しています。

DSC00520.JPG RIMG0046.JPG RIMG0118.JPG

春生まれの元気な子にはみつばちのスタイを。
去年から今年にかけて友人知人にもベビーブームが巻き起こり
子と同い年・同じ学年のお友達がたくさん生まれたので
プレゼントとしてもたくさんのスタイや小物入れを作りました。
星柄プリントの麻で作ったポーチは着替え入れに。
肌着とシャツとパンツがちょうど1セット入る大きさです。


posted by N.Ayano at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

纏屋 春の一時休業【2008】のお知らせ

このブログをご覧頂いている皆様
日頃から纏屋をご贔屓にしてくださっている皆様
いつもありがとうございます。

私ことナカノ綾乃は、来る4月初旬に出産を予定しております。
つきましては、3月15日から4月30日まで
纏屋の営業を一時休業させて頂く予定です。
皆様のご理解と、5月からの変わらぬご支援を
どうぞよろしくお願いいたします。

なお、新作の発表や商品のご注文・発送はしばらくお休みとなりますが
既にオンラインショップにてご紹介済みの作品のお取り置きや
5月以降のご注文、その他纏屋に関するお問い合わせにつきましては
ご返信が大幅に遅くなってしまうと思いますが
ayanos_id◆hotmail.com(◆を@に変えて送信してください)まで
お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

また5月にお目にかかれることを楽しみにしています。
素敵な春をお迎え下さい。
posted by N.Ayano at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

手漉き紙と絹のコサージュ

去年の秋に友人から注文されたコサージュ。
素材や形をあれこれ模索しつつ試作している過程で
手染めの和紙で造られた簪を見つけ
布では出せない柔らかさや色合いに惹かれて
紙を素材として制作してみることにしました。

今回は着物と合わせる予定だけれど
洋服ともコーディネイトできるものがいいとの希望だったので
でこぼこの繊維の風合いが可愛いココアブラウンの手漉き紙に
控えめな光沢のある黒の綸子を張り込んで
紙の質感を生かしつつ、椿の花の形に仕上げました。
黒いしっとりした花びらの間から裏の濃茶がちらりと見えて
モダンでシックな仕上がりです。


R0014000.JPG R0013997.JPG R0013995.JPG
posted by N.Ayano at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

ブレスレット【ローテトロプフェン】

ご無沙汰しております。ナカノ綾乃@纏屋です。
新年のご挨拶を逃してしまったばかりでなく
気づけば桃の節句が近づきつつある有様で
皆様には大変ご無礼をしてしまったことをどうかご容赦ください。
2008年も纏屋をよろしくお願いいたします。



日本から戻ってすぐに
オーダーメイドのブレスレットをご注文頂き
先日納品させて頂きました。

R0014344.JPG R0014348.JPG

コットンの楊柳地をベースに、生成りのレースを端にあしらい
何種類かの赤いガラスビーズを集めて果実のように配しました。
「外出するときに身を飾るものというよりは
 部屋で寛いでいるときに暖かさの滲んでくるようなものを」
とのご希望だったので、ブレスレット自体に少し厚みを持たせ
肌に馴染むような手触りに仕上げています。

ご友人へのプレゼントとのことで
贈るお相手は日常のなかから立ち現れるものを
詞にしメロディに乗せて歌う方なのだそうです。
頂いた音源には子どもの口ずさむ唄のように透明な声が込められていて
そんな彼女の毎日を飾る
「少しだけ特別な可愛い普段着」になればと思い、製作しました。

R0014341.JPG R0014347.JPG

アジャスターの先にも同色の赤いドロップビーズを飾っています。
posted by N.Ayano at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

菊の髪飾り

R0013693.JPG

日に日に空気が冷たくなり、長い寒い季節の気配を感じる今日この頃です。
色づく秋をテーマにしたパーティーでバーキーパーを勤めることになり
華やかな場に合わせて少し大振りな菊の花の髪留めを作ってみました。
古いものをリメイクしたり、手直ししたりするほかは
自分のものを作る機会は年に数えるほどしかないのですが
久しぶりに自分用に作ったこれはかなりの会心の出来。
友人やお客様にも好評だったので、もう少し細部に手を加えて
いくつかオンラインショップ用に作れたらと考えています。
posted by N.Ayano at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ストール2種

: R0012886.JPG

矢絣模様によく似た極薄のシルクプリント地を見つけたので
赤系統の着物地を縦に細長く接ぎ合わせてストールにしました。
くしゅくしゅにして首に巻きつける部分と
くっきりとしたパッチワークのラインとの取り合わせが楽しめます。

R0012880.JPG R0012883.JPG

こちらは青リンゴ色に野ばらがプリントされたビスコース。
シルクに比べてコシがあるため
あまりストールを絞ったりひだを寄せたりせず
さらりと羽織るような着用に適しています。
一枚のストールとしての一体感を出すため
パッチワークも1つ1つの生地を大きく裁ってシンプルな接ぎ合わせに。
涼しげな色合わせと素材感を心がけました。
posted by N.Ayano at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

レースとパールのリストバンド

R0012724.JPG R0012723.JPG R0012717.JPG

アンティークの民族衣装のブラウスからとった幅広のレースに
模様に合わせてパールビーズを編み、留めつけました。

腕を出すのが楽しいこれからの季節は
たくさんブレスレットを作ってゆきたいです。
posted by N.Ayano at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンクのネイルチップ

R0012696.JPG R0012698.JPG

先月下旬、誕生日プレゼント用に作りました。
ベースのピンクは同じマニキュアです。
右は大粒ゴールドパウダーを散らしただけのシンプルなもの。
左はレースを貼り付け、スワロフスキのラインストーンを入れました。

posted by N.Ayano at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

チェックのブレスレット

R0011444.JPG

昨夏の展示会に出品したグリーン系のブレスレットを見てくれた友人から
同デザイン、色違いのブレスレットを受注しました。

R0012531.JPG

黒白のブレスレットは細かい格子を織り出した黒い布と白の革で
紅白のほうは紅絹とアイボリーの変わり格子の生地で。
黒とアイボリーのシルク地はネクタイ用の滑らかなシルクを使いました。
格子の木工象眼を施したボタンがポイントです。
posted by N.Ayano at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

キモノ風カシュクールとアクセサリ

R0012519.JPG R0012521.JPG R0012511.JPG

トロンボーン奏者のためのキモノ風カシュクールです。
楽器の色に合わせたダークゴールドの布に黒レースの帯を合わせました。
琥珀色のスワロフスキを編み込んだビーズのネックレスと
同じダークゴールドの花で飾ったミニバッグがセットです。
ブラックフォーマルのオーケストラをバックにしたときに
ステージ上でライトを反射してキラキラと映えるような素材を選びました。
posted by N.Ayano at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

コサージュいろいろ

更新をお休みしていたあいだは
展示会でご注文いただいた品々の制作・発送と
纏屋名義以外のお仕事
(店舗の内装、山のような量のカーテンを縫ったりなど)
それと日本から持ち帰った素材を使って試作をしたりしていました。

R0011997.JPG R0012007.JPG R0012013.JPG 

左は友人のバースディプレゼントに作ったブレスレット。
中央はコサージュの試作で、黒の別珍と綿プリント地をかがり合わせた花びらに
ボタンとビーズを留めつけました。
右は古着をリメイクをしたときの端切れで作ったコサージュです。

R0011960.JPG R0011971.JPG

こちらはTAKEDA-ART向けに商品化したもの。
一つ一つが比較的短時間でできて、必要な材料も少なめなので
気がつくと花ばかりつくっています。
posted by N.Ayano at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マフラーの季節です

R0011972.JPG R0011977.JPG R0012029.JPG R0012031.JPG 

約3ヶ月ぶりの新作のご紹介になります。
昨冬好評をいただいたマフラーを今年も制作しました。
左2枚は小花の地模様の入った花尽くしのキモノ地に紺のウールを合わせたもの。
右2枚はグレー地に小花が織り出されたものと赤紫系のウールを合わせ
端には黒のレースと銘仙の端切れを配したものです。

暖冬気味とあってコートの要らない日も多いここドイツですが
温度調節の簡単なマフラーやストールはそんな日でも重宝します。

ドイツ・フライブルクのTAKEDA-ARTにて取扱中です。
【詳細】
posted by N.Ayano at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

コサージュ

R0011193.JPGR0010443.JPG

制作を続けているとどうしてもたまってしまう
小さな小さな端切れをどうして捨てられなくて
生かし方をあれこれ考えた結果
現在取り組んでいるのがバラのコサージュの制作です。
嬉しいことにTAKEDA-ART店頭ではなかなかの好評をいただいていて
今後はもっと大きいものや、菊や椿など他の花も作って
バリエーションを増やしていきたいところです。
裏にはブローチピンがついているので
帽子やバッグや服の襟元などにあしらうのがおすすめです。
【詳細】
posted by N.Ayano at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。